パチンコ ビッグ ドリーム 設置 店

パチンコ ビッグ ドリーム 設置 店

我らポートマット騎士団魔法隊は、魔術師殿から手ほどきを受けられる日を待ち望んでおります」 と、ストレートに言われてしまった

 二十代後半……の彼は、魔法隊の隊長、ロリンだ

アーロンによれば、騎士団の魔法隊、というのは正式な隊ではなく、魔法専門に動く機会があった場合に、攻撃魔法の資質を持っている面子を仮編成する時の名称なのだと言う

つまり、『騎士団内部で魔法の資質の高い団員』一般を指すこともある

あなたも好きかも:フルメタル パニック パチンコ
「中々時間が取れませんで……申し訳ありません」 コイルたちが最初の弟子だから、と優遇しているわけではないのだけど

 彼らは、純粋に魔法の実力を高めたい、という気持ち以外の、地位だとか名声だとか矜恃だとか、付随する方に神経が行っているようで、あまり乗り気にならないのは確か

 彼らには、その辺りを修正してもらいたい気持ちはあるけど、それはさすがに押しつけがましいかなぁ、とも思っていて、躊躇している

あなたも好きかも:長野 佐久平 パチンコ
「いえ……

魔術師殿がお忙しいのは重々承知しております

お暇が出来ましたら是非にお願い致します」 凄く謙った口調だけど、ロリンは貴族だ

しかも王国の男爵の、三男とか四男とかだ

アーロンと立場が似ているからか、重用されているような気がする

まあ、それはいいんだけど、貴族がこういう口調の時は裏があるもの

領主アイザイア然り、国王スチュワート然り

「はい、近々」 作り笑顔を投げ返しておく

めんどくさい……というのはちゃんと伝わってるはずだから、それを乗り越える熱意があれば私も動かされるんだけど