カジノ 配る人

カジノ 配る人

その中には康太も含まれた

「ローラロー、聞かせてもらえないかしら?この場所に居ながら、ビーのいったい何に気を取られていたのか」発言だけを見れば言いがかりにも近いのだが、智代には確固たる確信があるように思えた

何より、ローラロー自身がそれを認めているかのように、冷や汗をたらしたまま口を動かすことができていない

智代の問いに対し何と答えるべきなのかを考えている節があり、同時にその威圧感に気圧されてしまっているという感もある

「ぶ、ブライトビーを封印指定にしないように、何かメリットはないかと考えていました

あなたも好きかも:スロット 朝一 設定狙い
それでそのように思われたのかもしれません」「それは誰に対してのメリットですか?貴女にとっての・・・それともこの場にいる、何人かのお仲間とのものかしら?」智代の微笑みと優しい声とともに、ローラローに向けられていた視線が一瞬この部屋の中にいる数名に向けられる

数人がわずかに身を強張らせる中、智代は問いを続ける

「ほぼ全員が、ビーの進退に頭を巡らせている中で、何故あなた方だけが別のことを考える余裕があるのか、不思議でしょうがないの

どのようなことを考えていたのか、教えていただけないかしら?」智代の奥底までのぞき込むようなその瞳に耐えられなくなったのか、視線とその威圧を向けられていた魔術師の一人が勢いよく立ち上がると、智代めがけて魔術を放ち攻撃を仕掛ける

だがその攻撃が智代に届くことはなかった

瞬時にウィルの鎧を纏った康太が、智代とその攻撃の間に割って入り、その攻撃を叩き落としたのだ

「困ったわね、私は争うつもりはなかったというのに・・・攻撃されてしまったのでは、仕方がないわね」その声は決して大きなものではなく、つぶやくような大きさだった

あなたも好きかも:埼玉 日吉 スロット
だがその場にいたほとんどの者がその声を聞いていた