ブラックジャック ツイッター

ブラックジャック ツイッター

「手が早いなぁ」「あんたがムカつかせるからよ! 生真面目だと思ったら、クソゲス野郎だったり あんたなんなのよ!」ミシェルは頬が紅潮している

僕はただの聡だよ

 どんな時代に居てもどんな姿でも、僕は僕だ」「やっぱりなんかかっこいいじゃないの……」高崎はこちらにウインクしてミシェルを引き寄せながら部屋から出ていった

あなたも好きかも:カジノ スロット ステーキ
代わりに森下が丸眼鏡を光らせながら入ってきた

そしてベッドの脇に座ると「おはようございます

ナビさん

あなたも好きかも:パチンコ ガイア社員
 手短に僕が今の状況を説明します」「頼む」頷くと、森下は真顔で「既に浮遊物体の、上空七百メートル上で並走しています

 他の三人は準備完了していて 僕とタカサキ様、そしてミシェルさんという あの魔族の女性が、ここに残って状況判断と 指示を出します」「分かった」「戦闘についてはナビさんは自己判断で 他の三人は僕たちがそれぞれのイヤホンに ここから指示を出して ナビさんを補佐させます」俺は黙って頷く

つまり、俺はいつものようにアドリブで勘に頼ってやっていいということらしい

たぶん、何とかなる

という変な確信は未だにある

一度大きく息を吐いて「……よし、やろう」とっとと美射をあの化け物から引き抜いてそれからあのリアルモンスターを処理したい

そして拠点に帰る

まだ来て数時間だが、思ってもみないようなことばかりでそろそろ、限界である

家族の顔を見てホッとしたい

「行きましょうか」森下が頷いたので、ベッドから降りてそして即席の個室から出るともう一人の俺、山口、そして漆黒の槍を持った山根が三人そろって、高崎とミシェルに色々と指示を受けていた

少し離れたところから、しばらくそれを眺めていると高崎が近づいてきて「コンちゃんからもう作戦は聞いたね

 直上に投下するから、全力でやっちゃっていいよ

、 君の青い炎も、もう使っても大丈夫だ」「分かった」確かにアグラニウスが今は攻撃してはこないだろう