パチンコ メーシー 機種

パチンコ メーシー 機種

「風音ちゃんが救出しているから問題ないよ」 カンナの言葉にバックスが「頼りになりやがるな」と笑う

採掘場で交わした約束通りに風音は動いてくれているようだった

そんな若干和やかな雰囲気のなか、弓花の視線が通路の奥へと向けられた

「む、来たね」 現在の弓花は竜人化した状態だが、化生の巫女の『化生の加護』スキルにより、『直感』と『犬の嗅覚』も発動している

先んじて相手の動向を掴むことなどお手の物であった

「そんじゃあ、今度は俺が行くか」「やれる、ライル?」 気遣わしげな弓花の問いに、ライルが牙をむき出しにして笑う

「弓花はその竜人化を維持してなきゃいけねーんだろ

あなたも好きかも:ギルド オンラインゲーム
戦闘なんかしたら竜気なんてすぐに尽きちまうぞ」 ライルの指摘に弓花が眉をひそめる

あなたも好きかも:スロット クレアの秘宝伝 眠りの塔 ボーナス察知
 実際、弓花も竜気の補充なくとも一時間以上は変化していられる程度にはコントロールが利くようにはなったが、それでも戦闘に力を使うとなれば持って精々が30分というところだろう

「任せなって」 そう言うライルが破壊された牢屋の壁を悠々と跨ぎ、通路へと出た

バックスはその様子をジッと見ている

「あのライルがなぁ」 バックスには目の前の少年が自分の知り合いであるライルとは正直、思えなかった

以前とは肌も目も髪の色も違う

牙が出て、何よりその身から溢れ出ている竜気が人間以外の気配を漂わせている

「やっぱり、ライルくんって随分と変わっちゃったの?」 バックスの様子を見てカンナが尋ねる

カンナはあの姿のライルしか知らない