戦場のヴァルキュリア スロット ヴァルキュリアモード

戦場のヴァルキュリア スロット ヴァルキュリアモード

彼らは制海権を敵に明け渡す前にこれでもかというほど砲弾をぶっ放して敵の地上部隊に損害を与えようとしている

 可能な限り損害を与えておけば、カルガニスタン侵攻を遅らせる事ができるからだ

 既に世界中の騎士団や武装勢力は、ホムンクルスたちの攻撃で機能を停止している

生存者やレジスタンスが辛うじて抵抗を続けているらしいが、彼らが制圧されてしまうのも時間の問題だろう

 そう、まだ抵抗を続けているのは赤軍だけだ

 まだテンプル騎士団の支部や殲虎公司(ジェンフーコンスー)の拠点は無事だが、次に白軍の連中が侵攻を開始するのはカルガニスタンだろう

 テンプル騎士団の本部が壊滅すれば、赤軍は間違いなく壊滅する

支部がまだ残っているとはいえ、本部が壊滅したことによって戦力の大半がなくなってしまえば容易く制圧できる

あなたも好きかも:ゼノ テーブルゲーム
 だからこそ、次は確実にカルガニスタンに攻めてくる

あなたも好きかも:涼宮ハルヒの憂鬱 スロット 背景
 その前に、戦力の増強と再編成を済ませる必要があった

「ここにいたのね」「ラウラ」 甲板から濃霧に覆われている大地を見つめていると、隣にラウラがやってきた

甲板に上がってくる前にシャワーを浴びてきたらしく、服や彼女の白い肌にはもう泥は残っていない

 彼女の顔を見ながら、撤退の最中に彼女が俺を咎めたことを思い出す

 まだまだ未熟だよな、俺って

 あそこで戦車を使ってMBT-70を支援しようとしていれば、仲間たちを沿岸部に待機させ続ける羽目になっていただろう

それに戦闘で俺が戦死すれば、テンプル騎士団の保有している兵器の大半が消えることになる

 自分を責めていることを察したのか、ラウラはそっと頭を撫でてくれた

「ラウラ?」「仕方がないわよ、私たちはまだ未熟なんですもの