トータルイクリプス スロット 新台 終了画面

トータルイクリプス スロット 新台 終了画面

あの時も、私のことはついでみたいな口ぶりやった……未通でなくても構わない……そう言ったもん……

 命があれば問題無い……そんな口ぶりやった……それが、私を目的にする人の言葉やろか……」 サヤが、俺に身を擦り寄せてきたのは、恐怖が呼び起こされたからだ

 あの、陵辱されかけた記憶は、さほど遠い過去ではない……

サヤにとってあれが、どれほど恐ろしいことだったか……っ

あなたも好きかも:スロット 歌
 腕を回し、サヤを抱きしめた

 もう絶対、あんな目には合わせない……

あなたも好きかも:スロット ゆるせぽね 天井
「あの時は……レイモンドの目的に、私の確保をすり込ませたみたいな雰囲気やった……」 レイモンドを利用して、密かにジェスルが手を伸ばしたのだと、俺も考えていた

「埋伏の虫が同じなら、同じ人物の手出しである可能性は高い……

 そもそも虫が何匹も仕込まれているだなんて風には、思えない

そこまでの隙を、俺たちは作っていないと思う」「うん……

あなたも好きかも:喰霊零 スロット 5号機
でも、私が異界の民やって知ってる可能性が高いんは、ジェスルと神殿……」「ジェスルが神殿と関わっている可能性は前から高いって考えてたし、マルも断言してたよ」「なら大司教様が、前回のあの事件の黒幕?」「……」 それはどうなんだろう……

 あんな風に平然とした顔で、敵地に赴くだろうか? しかも、共は侍祭の女性ただ一人という状態で……

 俺の顔は覚えていたようだったけれど、俺がどこの誰かは認識していなかった様子だった