保土ヶ谷 ぱちんこ

保土ヶ谷 ぱちんこ

 読み手の想像力だけに任せては、読み手の数だけ小説内の世界が変わってしまうのです

それでは統一した世界観にはなりません

 あいまいなままにしておくと世界観を築く柱や壁が脆くなるのです

あなたも好きかも:トゥエンティフォー
 小説は「フィクション」だからこそ、事物の存在を「断定」して物語世界の内で確定させる必要があります

 そして読み手も「断定」されたことなら、どんなに嘘っぽくても「そういう世界なんだ」「そういうことなんだ」と理解するのです

「フィクション」の小説だからこそ、「断定」すると読み手を物語に没入させられます

「ノンフィクション」の小説でも、「断定」しないことにはどんな出来事が起きたのかがあやふやになって、「必然性」が薄らいでしまうのです

ノンフィクションはすべて真実ではない そもそも「ノンフィクション」は「フィクション」を書かずに構成された「物語」というひじょうに不安定な立ち位置にいます

「物語」の多くは「フィクション」で構成され、「フィクション」を支える「必然性」によって「骨組み」が強化されているのです

あなたも好きかも:名古屋 一 円 パチンコ
 しかし「ノンフィクション」は「書かれているものはすべて真実だ」と言いたいわけですから、どんなに「必然性」がなくても成立してしまいます

 だから「フィクション」の「物語」を書き慣れていない方は、小論文や読書感想文のように「書かれているものはすべて真実だ」と思うのです

そこで「フィクション」の小説を書くときにも、本来必要な「必然性」を盛り込まずに文章を執筆します

その結果「突飛な出来事」が生まれ、読み手は「フィクションの小説」としては「意味不明な作品」に分類してしまうのです

あなたも好きかも:神回 パチスロ
 そうなると「ノンフィクション」は「現実味(リアリティー)」を担保できなくなります

 だからこそ、たとえ「ノンフィクション」であっても「必然性」はあって当たり前なのです

「フィクション」を支える「必然性」は、「フィクション」が混じる可能性のある小説全般に求められます