グロッタ カジノ 攻略

グロッタ カジノ 攻略

ロブロウ領主は、客人に恋をする前の料理人の手作り菓子の味は知ってはいるし、それも十分美味しかったが、その時に感じた味と、今こうやって食べている菓子は味が違う

あなたも好きかも:パチンコ 函館 マルハン
(いや、"大切にしたい想い"を知ってしまったからこそ、尚更違うように感じるものなのかもしれないな)そんな事を考えながら、胸元にある"マーサの恋をした記憶を吸った絵本"に意識を向けながら、屋敷の廊下を歩きながら夫婦の寝室に戻る

『ふむ、アングレカムの魔力はガツガツと貪(むさぼ)っていたみたいだが……』歩きながら懐に手を入れて、 絵本をなぞる

ピーンも魔力を吸われてはいるが、昼間に見たようなアングレカムが思わず膝をつくという疲弊をしていたようなレベルでは無い

『私の場合は体に密着しているから、魔力を共有しているから平気、というわけではないみたいだしなあ』魔力を吸われて疲弊するというよりは、どちらといえば体力の燃費が―――空腹になる速度が早まったみたいな感じであって、"疲れる"と言った感覚はほど遠いものがあった

『……それとも、この古い絵本殿は私のは御気に召さないといういうわけなのかな?

何気に、面食いというタイプなのか、絵本のくせに?』そんな事を言った頃には、夫婦の寝室の扉の前にたどり着いていて、扉の向こうからは妻の笑い声が聞こえた

ゆっくりと扉が開いて、そこからもう寝る支度を済ませた妻が姿を覗かせていた

『―――領主様、楽しそうに入り口で何を仰っているんですか?』『何、なんて事はない

あなたも好きかも:新長田 パチンコ 評判
この絵本にだな、"好き嫌いはよくないぞ"と、説教をしていたんだ』まるで本当に好き嫌いをしている子どもに説教をするかのように、絵本に向かって真面目に叱りつけている夫に、カリンは、品よく口に手をあてて、また笑い声をその場所からもらした

妻が楽しそうに笑ったのが、ピーンには嬉しかった

先程から、弟のように大切にしている執事に涙を流させてしまったり、報われない恋心の為に、毎日領主邸の皆に美味しい料理を作ってくれる料理人と、自分の記憶と決別をさせてしまったり、―――飄々としている男なりに、気が滅入るような事が連続してあったために、楽しそうに微笑んでくれる妻の姿が、ありがたかった

『―――カリンは、寝巻き姿をしているということは、今日はもう休むんだな