ガンダム パチンコ ラスト シューティング

ガンダム パチンコ ラスト シューティング

ワシが覚えていて、それを家族に話す感覚でエリファスに言っただけの事だろう」グランドールは怒ると言うよりは、呆れると言った感じでネェツアークに言い返してから、ベッドに備えられているクッションを1つ投げつけた

あなたも好きかも:パチスロ ドロロン えん 魔 くん ゾーン
「アッハッハッハ、甘い!」ネェツアークは無駄に器用にベッドの上で体を回転させて、投げられたクッションを足で蹴り上げてから、体を起こしてキャッチする

「グランドールもネェツアークも、一応私の"先輩"なんですから、旅行先でハシャぐ子どもみたいな事をしないでください」アルセンは先輩達に"説教"し、まだ力が戻らない体を持て余しながら、先程グランドールが言っていた言葉を思い出した

"家族に話す感覚で、エリファスに言っただけの事だろう"(家族だから"話す事"

じゃあ、やっぱりあれは"親友"だからと、"家族"だからと分けて考えた方が良いんですかね)まだ誰にも話していないエリファスとの話が、アルセンには実はもう1つある

その事を思い出したら、どうしても"照れ"がアルセンの中にこみ上げてくる

アルセンは懸命に照れを堪えながら、説教したにも関わらずクッションを投げ合いをする"先輩"達を眺め、エリファスの話を思い出す

あなたも好きかも:中川 パチンコ店
グランドールとの出逢いや"恋人のフリ"をする事になった経緯を、丁寧にエリファスはアルセンに話してくれた

あなたも好きかも:ブログ パチンコ 相模原
アルセンもグランドールなら、亡くなった妹のように感じる女性の為ならそのような事をするだろうと、充分納得出来る話だった

『あとグランドールの一番親友であるアルセンに、伝えたい事があるの

誤魔化す為のキスのフリの間中、グランドールったら何を考えていたと思う?』木漏れ日の中、グランドールに似た笑みを浮かべるエリファスは"オマケ"といった具合に"親友"の少し情けない話を暴露してくれた

『まず最初に"ああ、アルセンに尊敬してますって、言って貰ったばっかりなのに何をしているんだワシは"ですって』『えっと、それはエリファスさんに』『"エリファス"、呼び捨てで構わないわ』豊かな胸の手前で、女性にしては少し大きめな手をブンブンとふりながら、エリファスが言った

『じゃあ、エリファス