スロット 日本記録

スロット 日本記録

 しかし連載を長期間続けていく前提であれば、まずは「意中の異性を自分だけのものにする」までの過程を読ませます

あなたも好きかも:パチンコ よしき
そこでハッピーエンドになれば今度は「その異性を誰かに奪われたくない損ねられたくない」という感情を主体に連載を続けていくのです

もしバッドエンドであれば次なる「意中の異性」探しから物語は再開されます

つまり延々とフラレ続ける「恋愛小説」というものも、この世にはあるはずなのです

山田洋次監督『男はつらいよ』の主人公・車寅次郎はまさにこのタイプでしょう

 運良くハッピーエンドにたどり着いたら、わが子を守る「愛情」の物語となります

 ですが恋愛小説の読み手は「愛情」の物語には興味がないのです

あなたも好きかも:パチスロ オートプレイ
 そこでさらに連載を続けていくなら、連れ合いに三行半(みくだりはん)を叩きつけられて離縁となり、また新しい相手を「自分だけのものにしたい」と思わせるようにする方法がひとつ

これはひとりの主人公で物語を続けていく場合にはよく用いられます

死別して新たな「恋人」を探す旅に出る物語もよく見られるのです

 もうひとつの方法は「世代交代」つまりわが子を主人公にして、新たな「恋」の物語を始めます

 いつの時代も「恋愛」はつきもの

あなたも好きかも:パチンコ 計算式 回転率
何世代も「恋」の物語を続けていけば、ほぼ永遠に連載は続けられるのです

「愛情」の物語は気苦労の物語になります

誰かに奪われないようにする

誰かに損ねられないようにする

どちらもディフェンシブな展開ですよね

「恋情」がこちらから積極的に奪いに行くオフェンシブな展開ですから、物語の性質が真逆になってしまいます

だから恋愛小説はオフェンシブな「恋」が魅力なのです