パチスロ に ちゃんねる

パチスロ に ちゃんねる

 周りには自分を心配する『魔石人間(ジュエルクルス)』たちがいた

 その中の一人――青い髪の『魔石人間(ジュエルクルス)』が自分の右手を握り締めていくれていた

 考え込んで反応のなかった自分を心配していたのだろう

あなたも好きかも:都島 スロット
 その両手はとても暖かかった

「すみません……

あなたも好きかも:ドラグナー スロット やめどき
また、少しぼうっとしていましたね……」 ただ、その綺麗な手を見て自分は――違う(・・)と思った

あなたも好きかも:美麗 スロット ミニゲーム
 そうではなかったと思った

 もっと彼女の手は、あの人に似ていて……――「先生、最近おかしいです……

いつもぼうっとしていて……

先生にはみんながいるのですから、もっと悩みを話してください……」「そうですね

みんなを頼りにしてますよ

いまのは悩んでいたというより、懐かしんでいただけですので心配はいりません

ついさっき、昔の知り合いと話したもので……」「それなら、いいのですが……」 彼女たちに関係はない話だ

 適当な言い訳で誤魔化していると、『魔石人間(ジュエルクルス)』の一人がどうでもいい話を提案してくる

「あ、あのっ、先生! 今度の勉強会はいつですか? 随分と前にやってから、長い間やってませんよね? また先生には色んなことを教えて欲しいです……!」 自分は断り方をよく考えたあと、首を振る

「教えたいことはまだまだあるのですが……

すみません

たぶん、もう二度と、勉強会はしないでしょう

……時間が来ました」「え……? でも、みんな楽しみに……」 食い下がる『魔石人間(ジュエルクルス)』たちに首を振り続ける