パチンコ 北朝鮮

パチンコ 北朝鮮

彼女に会う為に帰還を急ぐ必要がある

全ての準備を整えて役目を果たす為に

ひたすら街道を走り続けることにした

《サイド:フェイ・ウォルカ》時刻は午前2時を過ぎた頃だろうか

あなたも好きかも:志木駅 パチンコ オータ
国境警備隊の基地から少し離れた山間で、俺とピーターの二人は身を潜めている

あなたも好きかも:アナゴ ぱちんこ
時折接近するセルビナ軍の巡回の兵士達から隠れながらカーターの帰還を待ち続けているのだが

あなたも好きかも:パチンコ 潰したい
じっと魔力の回復に努める俺と周囲の警戒を行うピーターは、なかなか戻って来ないカーターの無事を願いながら、刻一刻と過ぎる時間に焦りを感じ始めていた

「…遅いね

」「ああ、そうだな」「もう1時間は過ぎたよね?」「多分な…

」短い会話を何度も繰り返す

そうして捜索を行うべきかどうかを相談しようとしたところで、小さな足音を立てるカーターがようやく帰ってきてくれた

「遅くなってすまない」「もう!心配してたんだよ!」真っ先に謝罪するカーターをピーターが笑顔で出迎えている

「悪い、悪い

」ほっと安堵の息を吐くピーターを見て、カーターは苦笑いを浮かべていた

「調子にのって行動範囲を広げたら二人の魔力の波動が分からなくなってな

波動を探りながら移動していたら遅くなった」…ああ、そういうことか

広範囲の魔力の波動は難しいからな

俺達の中で最も知覚範囲が広いマリアでさえも1キロに届くかどうかだ

確実と言える距離になると500メートル程度らしい