羽生 パチンコ屋

羽生 パチンコ屋

これは当たり前です

「剣と魔法のファンタジー」を読みたいのに「推理」ジャンルで作品を選ぶ人はまずいません

でも『小説家になろう』様だと「推理」ジャンルにも「剣と魔法のファンタジー」が入っているんですよね

だからあながち間違いとも言えない

まぁこれは例外ですが

 ではジャンルを決めたとして、次はなにを基準になさいますか

「異世界転生」「異世界転移」「悪役令嬢」「主人公最強」「俺TUEEE」「追放」「ざまぁ」「スローライフ」などのキーワードやタグではないでしょうか

 たとえば「剣と魔法のファンタジー(ハイファンタジー)」で、「異世界転生」もので「主人公最強」のスカッとした作品が読みたい

あなたも好きかも:バジリスク パチスロ 攻略
 そう思えば「剣と魔法のファンタジー(ハイファンタジー)」ジャンルを指定して、検索キーワードに「異世界転生」「主人公最強」を当てはめて検索ボタンを押すのです

 すると該当する小説がズラッとリスト化されて出てきます

あなたも好きかも:パチスロ ドロロン えん 魔 くん フリーズ
 小説投稿サイトによっては、短編・中編・長編といった分量も検索条件に含められますから、これらも利用頻度が高いでしょう

 今液晶パネルにはリスト化された「読みたい物語」が並んでいます

 あなたはどの作品を読みたいでしょうか

あなたも好きかも:ハイエナ スロット 6号機
『カクヨム』様の場合、その小説に「キャッチコピー」が付けられます

「タイトル」よりも大きくてカラフルな「キャッチコピー」が目につくのです

だからどうしても「タイトル」よりも「キャッチコピー」を先に読んでしまいます

「キャッチコピー」は、タイトルに書かなかった、または書けなかった情報を読み手に提供できるのです

検索やランキングでは「紹介文」他サイトでは「あらすじ」「キャプション」と呼ばれる部分も表示されます

しかしトップページに掲載された際には「タイトル」と「キャッチコピー」しか表示されません