北斗の拳 導入日 パチンコ

北斗の拳 導入日 パチンコ

「致し方ないとは言え、つくづくミアを処分したことは、勿体ないと思うよ」「お陰で今は管理者生活を満喫できています」 胸を張ってそういったミアに、トワは小さく笑った

 こうして沈んでいるトワに追い打ちをかけるようなことが出来るのも、小さい時から繰り返してきているからだ

 もしトワが、今ミアに吐いているような愚痴を他でこぼしたりすれば、王としてのプレッシャーがなどなど周囲から色々言われることになる

 それは例えダニエラでも変わらない

あなたも好きかも:土山 パチンコ店
 今のところ、トワのこうした愚痴をただの愚痴として聞くことが出来るのはミアだけなのだ

 勿論、その内その役目はダニエラに代わっていくことになるとミアも分かっている

「いくらあの時には必要だと判断したとはいえ・・・・・・やっぱり間違っていたのかなあ」 だからこそトワもこんなきわどい台詞も簡単に吐くことが出来る

 そんなトワに対して、ミアは首を振った

そんなことはないでしょう

あなたも好きかも:カイジ パチンコ 沼3 セグ
あのまま私が中途半端な立ち位置にいれば、間違いなく私を女王として擁立する者たちは増えていたはずです」「そうだよねえ」 ミアの言葉に、トワもはっきりと頷いた

あなたも好きかも:めんま パチンコ
 今話しているのはあくまでも愚痴なので、本気でそう思っているわけではない

 時には口に出して言いたくなるようなことを、ミアを相手に言っているだけなのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ しばらくミアと話をしていて、先程までの気分が吹っ切れたのか、トワがいつもの様子で聞いてきた

「そう言えば、第十五層の様子はどうだい?」「特に大きな変化はありませんね」 ため息をはきながらそういったミアに、トワは笑った

「はっはっは