テーブルゲーム ショップ

テーブルゲーム ショップ

 二人で平原を見渡す

「タガネでも捕まらんかのぅ」「そっちはどうだい」「ワシも」 老人が肩を落とす

 銀髪の男タガネは軽く舌打ちした

 静かに唸り、腕を組んで黙考する

「ベル爺」「何じゃ」「本当にヤツがそうなのかい」「む?」「手応えがまるで無いが」 老人ベルソートは豊かな顎髭を撫でる

 柔和な笑みを浮かべる顔は、しかし瞳だけは鋭く警戒の色を帯びていた

あなたも好きかも:シンガポール カジノ 入場制限
平生の老人を知る者ならば、珍しいと驚くほどに緊張感がある

 タガネは剣の柄頭を撫でた

あなたも好きかも:パチンコ 監視カメラ
 魔力を感知する魔剣

 だが、特に反応は無い

「人違いじゃねえか?」「本人に訊かねばなるまいて」「もし本人なら」「レギューム最大の危機じゃのぅ」「俺は西側を探す」「了解したわぃ」 二人は互いに背を向けてその場を後にした

 その頃