鶴見区 スロット イベント

鶴見区 スロット イベント

自力で歩くと言い張ったのはネアなので、ディノは不思議そうに目を瞠る

「特別に私を持ち上げていて構いません

そして、グモウが私の目の前に現れんとしたら、一匹残らず殲滅して構いません

視界に入る前にです!」「ネアは蜘蛛が嫌いなんだね、可愛い」持ち上げられるなりディノの肩にへばりついたので、魔物は嬉しそうに頬を染める

その髪を抱き込むようにして、ネアは、油断なく周囲を見回した

一刻も早くこの仕事を終わらせて、安全なリーエンベルクに帰るべきだ

「エーダリア様、さくさく働いて下さい!私も尽力しますが、グモウとやらが出現した場合には、ディノに、視界に入る前に滅ぼしてもらう手配です」「わ、わかった

安心しろ

グモウなら独特の気配があるから、ここにいる者なら、近付く前に排除出来るだろう」「そんな厄介な保護色の蜘蛛がいる土地は危険なので、他のものが犯人だった場合にも、すみやかに狩ってしまいますね」鋭い目で宣言したネアに、エーダリアは呆れ顔になる

あなたも好きかも:xjapan スロット フリーズ
「なんでお前が狩る前提なんだ……」「あら、私の狩人としての腕を、甘く見ていらっしゃいますね」「いや、可動域六なのだろう………?」「六です!!」「蟻より弱いのだからな……」行く先に飼われている動物達は、ここで暮らす人々の大切な生活の糧でもある

あなたも好きかも:高砂 スロット ギガゾーン
なのでネア達は、不用意な転移で家畜を脅かさないよう、少し離れた場所に降り立っていた

そこから氷混じりの雪山を歩き、淡く太陽を滲ませる曇り空が樹氷の群れに少し翳り始めた頃、ネア達は、問題の牧場に辿り着いた

今回続きます!

あなたも好きかも:設定 スロット データ
「山羊小屋はこちらなのですが、かなり深刻でしょう?」そう言いながらも牧場主の目が泳ぐのは、エーダリアの背後に明らかに高位の妖精がいて、その更に後ろの方に、明らかに白持ちの魔物がいるからだろう

「お花畑ですね……」そんな牧場主の動揺には気付かないふりをしたネアが、そう評するのも無理はない

満開の花で覆われてしまった小屋の中は、なにやら、絵本の中の挿絵のような可愛らしい光景であった

地面には満開の小さな青い花が咲き乱れ、壁や柱には一重の黄色い蔓薔薇がみっしりと花を咲かせているので、雪山からこの小屋に入れば、幻想的な光景にさえ見えてしまう