二階堂 亜樹 スロット

二階堂 亜樹 スロット

「なぁ……」「何? どうかした?」 ルッツの呼びかけに思わずビクッと身体が震える

あなたも好きかも:金太郎 スロット 朝一
冷静に、何事もなかったように、と思っていても、思った通りに行動なんてできない

 びくびくしながら、ルッツの言葉を待っていると、ルッツはガシガシと乱暴に金髪を掻きむしった後、口を開きかけて、また閉じた

「……何でもねぇ」「そ、そぉ?」 自分がまいた種なので、どうしようもないことはよくわかっているけれど、このままの状態が続くのも、正直居心地悪い

 次の日、今回は忘れずに板を持って行って、黒皮の外皮を剥がした

あなたも好きかも:諸ゲン スロット 動画
 トロンベの皮と違って、ものすごく皮を剥がしにくい

繊維がボロボロになる

これは、別にわたしが不器用だということではなく、ルッツも同じような感じだ

 トロンベの繊維では良い手応えがあったけれど、この素材で本当に紙ができるのだろうか

「……素材が違うから、難しいね」「あぁ、そうだな」 ボロボロになった繊維が今の自分達の関係のようで、溜息を隠せない

あなたも好きかも:寝屋川 スロット 優良店
「これで白皮を乾燥させたら、しばらく保存できるよ」「ん

なぁ……」「何?」「……いや、今はいいや

紙ができたら言う」 それだけ言って口を噤んだルッツに、わたしも小さく頷いて、覚悟を決めることにした

 わたしがマインではないとルッツは気付いていて、糾弾しようとしている

だって、ルッツはあの自爆から、わたしのことを「マイン」と呼ばなくなった

 紙が出来上がったら、一体どんな風に詰られるのだろうか

何と罵られるのだろうか

 わたしの想像力が逞しすぎるお陰で、だんだん想像の中のルッツの悪口雑言が容赦なくなってきた

自分の想像に心を抉られて、項垂れる