パラッツォ パチンコホール

パラッツォ パチンコホール

期待してるぜ」「また心にもねえことを言うんだなお前は」「言質は取らねーけど従えよ

ま、後は楽しめ

命のやり取りを楽しく思えなきゃやってらんねーのは、知ってるだろ」「知らねえな

俺はまだ未だに戻すくれえだ」「なんだ、二度くらいしか戦場経験ねえのか」「てめえと一緒にすんなアイ

あなたも好きかも:化 物語 パチンコ 攻略
俺はただ軍人として育てられただけの、凡庸な男だ」「はっ、そう考えりゃアイもケイもシナリオだけは似てやがるな

どうせ育ての親が流れ弾に当たったかで死んだか引退したんで、てめーの道を歩き出したってことだろ

悪くはねーんだろうが、共感はしねーな」「……俺も似たようなものだ」「ジェイもかよ」「お前は違うのかセツ」「オレ? オレはただの社会勉強ってやつだ

親なんぞ最初っからいねーし、好きにしろってオーダーでどこぞの馬鹿に蹴飛ばされてきただけ

気にするな、てめーらと同じだ

今はここに居る、それで充分だろ」「それで充分だと思えてるお前が、もう既に化け物なんだよ

んな簡単に割り切るな」「今さらだろそれ……おう、そろそろ戻ろうぜ

あなたも好きかも:曽於市 パチンコ
ディ少尉が顔を出す頃合いだ」 そうだなと頷いて戻ると、確かに船上に顔を出していた

「――いいか? 俺は貴様らに干渉しない、好きにやれ

装備の不満以外に何か問うべきことはあるか?」 返答はせず、問いもしない

そのまま数十秒を要してから、彼は時計に視線を落とす

「開始二分前、時計合わせ四十三秒、四、三、二、一……」 全員が時計合わせをし、それから二分後

「――状況開始!」「イエス、サー!」 敬礼をして背中を見せ、茂みをかき分けて中に入り、視線が途切れる

「――走るぞ、来い」 通信機ではなく肉声で聞こえた言葉に、次の一歩から弾けるようにして森の中を疾走し始めた