北上 パチンコ ば くさい

北上 パチンコ ば くさい

「済みません

お手伝いまでしてもらって」「構わないよ

あなたも好きかも:パチンコ 収支 計算
料理は女性がするべし、なんて法律はないからね」 爽やかに笑い、タマネギを差し出す秀邦

 真山もにこりと笑い、ゴボウを彼へ渡した

「笹切りにしてもらえますか」「何でもやるよ」 手慣れた調子で、ゴボウを削いでいく秀邦

 水のたまったボールに笹切りとなったゴボウがたまり、それには真山も感心する

あなたも好きかも:パチンコ 9月 新台
「お上手なんですね」「名古屋に来てからは自炊してるんだ

味付けの方はいまいちだけど

良かったら、今度教えてよ」「え、ああ

あなたも好きかも:そに子 スロット 曲
私で良ければ」 さらりとナンパする秀邦

 真山はその辺がよく分かってないのか、恐縮しつつキッチンへと戻っていった

プレイボーイ」「良いだろ、料理を教わるくらい

やましい事をする訳じゃない」「料理はやましくない

でも、お前の家で作るんだろ」「道端にコンロはないからね」 そう言って、ゴボウの入ったボールを抱えて去っていく秀邦

 風成は舌を鳴らし、仏頂面でポテトを潰している生徒会長へ視線を向けた

「楽しいか」「そもそも、連れてこられた理由が分からない」「それはみんな同じだ

よし、もう食べようぜ」 テーブルの上にあるのは、潰しただけのポテトとホイップ中の生クリーム