スーパーストリートファイター4 スロット

スーパーストリートファイター4 スロット

背の小さな彼女と話がしやすくなるように微笑みながらしゃがみ、右手を伸ばして角の生えた小さな頭を優しく撫でる

あなたも好きかも:ブラックジャック 如月 めぐみ
俺の遺伝と思われる炎のような赤毛が、月明かりに照らされているせいでワインレッドに見える

 すると、ラウラは小さな唇を噛みしめてから手をパジャマのポケットの中へと突っ込み、その中に入っていた物を取り出した

「これ…………」 彼女が取り出したのは―――――――出撃前に、子供たちに預けていったあの懐中時計だ

エミリアと初めてデートに行ったときに、彼女がプレゼントしてくれた大切な時計

あなたも好きかも:大日産業(株) パチンコ
毎晩しっかりとメンテナンスをしているから未だにしっかりとした艶があるし、傷もない

そのままショウケースに並べて売れそうなほどである

 もちろんそんなことをするつもりはない

大切な妻からの贈り物なのだから、俺はこれを死ぬまで大切にするつもりだ

もし俺が死んだら、こいつを一緒に棺桶に入れてもらおう

その頃にはもうこの時計は動かなくなっているかもしれないけど

「ありがとう

あなたも好きかも:スロット 新台 8月
これを返すために待ってたんだな?」 そう言うと、ラウラは俯きながら首を横に振った

「パパ、ちがうの

…………あのね、そのとけい、まちがっておとしちゃって…………」「え………?」 受け取った時計をゆっくりと裏返す

表には何もなかったが、まだ裏側は見ていない

そっと裏返してから懐中時計の裏側を指でなぞると―――――――確かに、ほぼ真ん中が微かにへこんでいるのが分かる