パチンコ ゼウス

パチンコ ゼウス

セイが部室を隈なく見回って、ロッカーを開けまくりさらに天井や床を見回しているが何も発見できなさそうである

ホッとしていると「ここは綺麗すぎる」ボソッと女の声が耳元に響いて消えた

ゾクッとして全身に鳥肌が立ち立ち尽くしていると、セイが近寄ってきて「おー?なんか幽鬼の声を聞いたかー? あいつら偶に直通で会話してくるぞー」暢気に今起こったことを当ててきた

「"ここは綺麗すぎる"って……女の声が……」にゃからんてぃが腕を組んで眉間に皺を寄せながら「……つまり、汚い所を好んでいたのか? いや、待てよ

あなたも好きかも:まどかマギカ4 スロット 穢れ
だとするならば山口君が居ない部室ということか?」「どういうことだー?」「少し、絞れてきたな」にゃからんてぃは腕を組んでセイの頭の上で胡坐を組み何かを考え始めた

俺はさっさと部室から出ていく

セイも残念そうな顔で続いて出てきた

扉に穴が開いた部室を尻目に練習スペースから出ていく

ネットの切れ目から出ると、校庭の真ん中に光る人影が立っていた

「あ、あれはもしかして……」にゃからんてぃが頷いたので駆け寄って行くとその輝いているシルエットは間違いなく娘のナーニャのものだった

娘のシルエットに触れようとするが、透けたその人影に右手がすり抜けた

あなたも好きかも:カイジ カジノ
「……こちらに見えているだけか……」「タカユキぃ……分からないのか?」ニヤニヤしたセイが黄金の炎を纏いながら近づいてくるとなんと娘のシルエットが反応した

そちらを見て手を振りだした

俺も即座に黄金の炎で全身を纏うと娘は驚いたポーズをして、こちらを見て飛び跳ねだした

良かった

言葉は分からないがお互いの姿が見えた