2 が つく日 スロット

2 が つく日 スロット

 それもその筈

住人達が避難しており安全だった筈の建物が、いとも簡単に粉砕されたのだから

「……! さっさと倒すべきだったか……!!」 その出来事は全て一瞬で起こったものである

あなたも好きかも:パチンコ 派遣 ゼロン
ライは思考を回転させるよりも先に、これ以上被害を増やさぬようベヒモス討伐へ向かう

「ベヒモス!!」 石畳の大地を踏み砕き、第三宇宙速度を遥かに超越した雷速でベヒモスの元へ突撃するライ

 ライはソニックブームを巻き起こし、空中にて更に加速しベヒモスへと直進する

あなたも好きかも:ぱちんこ 亜人
「オ────ラァッ!!!」『……!!』 次の瞬間ライはベヒモスに激突し、まるで金属がへし折れるかのような音を出しつつライはベヒモスの身体を貫通した

『グオオオォォォォォッ!!!』「……ッ!!」 しかし、ベヒモスは雷速で貫かれたにも拘《かか》わらずライへ杉のような鋼鉄の尾を振り回してぶつける

 ライは少し吐血したが物理耐性を身に付けつつある身体にはほぼ無効だった

【……お前の表面は頑丈になりつつあるが……振動によって内部を刺激されちゃまだ完全には防げねェか……】(……何がだ……? ……心当たりがあるとすりゃ……前に言ってたお前以上の素質ってやつか……?)【ああ、それに近い事だがな……

まだ完全には気付いちゃいねェか……まあ、今は気にする事も無いだろうよ】 家を数百戸、高い建造物を数百棟(とう)貫通したライは数百キロ程離れている場所にある建物に埋まっていた

 そして魔王(元)が意味深な事を言うが、ライはまだ完全に気付いているという訳では無い様子だ

 ライの身体はいつぞやの"レイル・マディーナ"の時にザラームの斬撃を防いでからある程度成長しており、全ての物理耐性を得るのも時間の問題だった