パチンコ 南区 チェリーホール

パチンコ 南区 チェリーホール

それに関しては公也が実際にされてしまったことである

あなたも好きかも:スロットマシン ゲームアプリ
「くぅ! 本当にうざったいわね!」「おとなしく死んでくれるのです? いえ、死ななくてもそのまま気絶するなり倒れてくれればそれでいいのですけど」「誰がそんなことになるものですか! さっさと死になさい!」「っと! それは使われるのがわかるので避けるのはそれなりにできるのですよ!」「でもいずれ当たるでしょう!」「その前にそちらをどうにかできればいいのです!」 メルシーネとプルートの戦いは攻撃自体はプルートの一方的な防御態勢となっている

しかしプルートは多少間を置けば一撃で相手を殺せる攻撃手段を持つ

あなたも好きかも:違法 カジノ 桃田
それが時折襲い来るためメルシーネも攻撃し続けるだけではいられない

油断は一切できず、緊張感がある

どちらが先に消耗しきるかわからない

そんなところだ

「メル! そいつ殺しなさいよ! 気絶とか、そんな状態になったら私が殺すし!」「確かにそれはあるのですけど! 殺すことは本来の目的ではないのです!」「キイ様を殺したやつを生かしておく理由なんてないでしょ! 殺す! 殺す! 殺せ! 殺せ!」「うわっ…………怖いわー」 死の力を持つ存在でも、今の変貌し殺意をむき出しにしているヴィローサは怖いらしい

「たとえ何があっても、私が死なない限りは絶対に殺す! キイ様の仇をとるのよ! とらなきゃたとえ死んでも死にきれない、殺すまではどんな殺され方をしても死んでやるものですか!」「そこまでしなくてもいいぞ、ヴィラ」「でもキイ様! キイ様を…………ふえっ? キイ様……?」 暴走しているところに声をかけてきた公也、死んだはずの公也に対しヴィローサは反応し……そのまま意識が固まる

まあ今まで死んだと思っていた相手が生きていた、となるとそうなってもおかしな話ではないだろう

「ええ!? キイ様!? キイ様生きてたの!?」「ああ、問題なく生きてるぞ」「よかった! キイ様キイ様キイ様キイ様キイ様ー!!!」 ヴィローサの劇的な反応、メルシーネはそれを聞きそちらのほうに意識をやっており、プルートは自分を襲う力が薄まりその要因であるヴィローサに何が起きたのか、とそちらに気を向けた

「ヴィローサ、力を使うのをやめるのはやめてほしいのですけど」「なっ……なっ!?」 メルシーネは特に驚いておらず、プルートを相手にするのに必要なヴィローサの力がなくなり困っている感じ、しかしプルートは驚いて動きを止めている

まあ殺したはずの相手が生きている、となれば驚いて動きを止めるだろう