パチンコ ドリーム セブン

パチンコ ドリーム セブン

【王国暦122年8月7日 20:50】「小さい親方-! 灯りくれー!」「セメント、もうちょっとくれ!」「煉瓦持ってきて!」「繋げるぞ―!」 五百メトルの間に、点々と『灯り』が灯る

お昼休憩の後、非常に半端なところまで工事が進んでしまったのだ

あなたも好きかも:ps4 オンラインゲーム 協力
あとちょっと進むとキリがいい……を繰り返し、この時間に至る

あなたも好きかも:パチンコ リリカルなのは 信頼度
夕食も『シモダ屋』に出前を頼んで、夕方に一度長めの休憩を取っている

 私としては工事が早く終わるのは喜ばしいのだけど、作業員の体力が心配だ

体力の低下は集中力の低下を招き、事故発生率を増大させる

だから、テンション高めの皆を、冷や冷やしながら監視している、というわけ

 作業工程的に、煉瓦積みの後はセメントを乾燥させる時間を取らざるを得ないので、どちらにせよ作業は止まる

止まっている間は、側溝の工事やらをすればいいから時間の無駄にはならないのだけど、取り憑かれたように煉瓦を組む作業員を見ていると、まるで自分を見ているようで怖くなる

サリーが言ってたように、『いい笑顔』で土を掘ってるらしいからさ

 結局、新西門から東に向かって旧西門に煉瓦積みが到達して養生シートを被せ、警備員に注意を促して解散する頃には、やりきった男たちの顔だけがあった

「いやさ、西風荘が近いじゃんかよ

つい、な」 言い訳っぽくガッドが言う

西風荘はガッドたち『ビルダーズ』の仮宿舎……いやもう、本宿舎ってことでいいよ……で、旧西門と新西門の間にある

「それにしたって、ちょっと長時間やり過ぎなんじゃないですか?」 面白そうだし心配だから付き合うけどさ

お婆ちゃんが心配するんだよ

「それがさ……宿舎に帰っても話は工事の話題ばっかりだしな