パチンコ 娘 モデル

パチンコ 娘 モデル

 一平は焦るようにうろたえ、腰を曲げて視線を合わせた

「な、なんで泣くンや!? なんでやっ!? どないしてんっ!? なんかあったかっ!?」 身振り素振りで戸惑う一平に、優樹は「うっ……」と顔を歪めて目元を手で拭った

「……は、……恥ずかしいぃ……」 声を震わせて鼻をすする優樹にキョトンとし、一平は腰を伸ばして眉をつり上げた

あなたも好きかも:関東 パチスロ 優良店
「ア、アホかっ! ンーなことでいちいち泣くなや!」「だ……、だって……っ……だってェ……」 本格的な泣きに入りそうになる優樹に、一平は「や、やめろっ……」と顔を青ざめさせた

「な、泣くなっ……

あなたも好きかも:ルーレット かけかた
卑怯やぞっ!」「うぅー……うっ……卑怯じゃないもんー……」「……っだぁー行くぞ! ホン……っマにこいつだけはぁ!!」「うぅー……」 まるでネコのように、呆れる一平にリュック鞄を引っ張り上げられ、ズルズルと歩かされた

あなたも好きかも:スロット キャッシング
 そして部室に入るなり――「なぁにぃぃぃーっ!!」「落ち着け、相川」 顔を真っ赤にしたまま俯いている優樹を前に、相川がバンバンッ! とテーブルを平手打ちしながら眉をつり上げた

「どこのどいつだ!! 勝手に!!」「落ち着け」「ギャンっ」 隣の立花が相川の頭を掴んでテーブルに押し付ける

 一平はコートを脱いで椅子に掛けると、ため息を吐いて腰を下ろした

「こいつホンマ情けない……

断るのンちゃんと断らへんし」 優樹は真っ赤な顔のままで口を尖らせた

「ごめんなさい言うたるだけでエエンやンか」「……だって……」 シュン……と頭を落とす優樹に、「なるほどー」と、白川は大きく頷いた

「優樹を落とすなら、直球で行かなきゃ無理だってコトがこれで判明したなー」 それを聞いていた相川は、頭を押さえる立花の手を叩き落とし、身を乗り出して優樹に近寄った

「優樹先輩!! す」「そういえば二十四日、どうするか決まったの?」 生美に口を挟まれ、相川はンググッ……と両拳を握り、悔しげに背中を丸めた

あ、うん

えーと……