リング スロット 新台 やめどき

リング スロット 新台 やめどき

開けた視界から見えたのは空

日が落ち始めているのだろう

空は少し赤くなっていた

あなたも好きかも:瑞穂町 パチンコ フェイス
「にゃー」『おはようございます母上』 そして目の前にいた(風音はユッコネエのおなかの上で寝ていたので)タツオとユッコネエの声に風音も「おはよう」と返して、よだれを吹いて目をパチパチとさせる

あなたも好きかも:パチンコ ニューヨーク 閉店
 ようやくボケた頭が元に戻り始めたのを自覚して周りを見渡すと、目の前では直樹とキンバリーが斬り合いをしていた

「はっ、さすがに、ほっと

筋が良いですね」「なんのーーー!!」 どうやらふたりで稽古のようである

あなたも好きかも:バカラ~巨爆淫熟
 直樹が二刀流でキンバリーに挑むが、キンバリーの剣は直樹の攻撃を次々とさばいていく

キンバリーは現在ランクBで直樹と同じではあるが、その剣の腕はランクAに届くと言われている

直樹はランクBとはいえ、実際には魔剣の多様さによる応用性の高さでクエストをこなしBになれたわけであって剣技に秀でてBになれたわけではない

 故に魔剣の力を用いた戦いならまだしも純粋な剣技だけではキンバリーには及ばないようであった

「ふたりは特訓中?」『はい

もう30分くらいはやってます』 風音の問いにタツオがそう答える

そして風音は「なーるー」と言ったまま、ウィンドウを開いて時計を見る

今の時間は15:56

そろそろ日も暮れ始める頃である

魔力は現在400ほど回復しているようで、まだ半分だがこのまま待っていると夜になってしまう

「まあ暗くなる前に、もうひと頑張りしますか」 そう言って「うーん」とノビをした後に立ち上がると、別のウィンドウを立ち上げてマッカに連絡を取ることにした