サラリーマン番長 スロット 天井

サラリーマン番長 スロット 天井

その代わり、表情が歪み、目に大粒の涙が浮かぶ

優樹は咄嗟に家の方へ駆け込むと、真理乃を呼び、車を出してもらった

大きく開いた門から車が出てくると、白川をひっぱり車に乗せ、ドアを閉める

「お姉ちゃん急いで!!」「け、けどあそこは動物は」「はやく!!」 後部座席から強く促され、真理乃は「はいっ」と慌てて車を出す

あなたも好きかも:都内 換金率
発車した車の勢いに踏ん張りながら、優樹は俯き啜り泣く白川の肩を抱いてそこを撫でた

「……大丈夫っ

きっと助かるからねっ

……大丈夫だからねっ」 励ますように、力強く言い聞かせる

そんな彼女に白川は息を詰まらせ、「……

あなたも好きかも:パチンコ 玉 ゲーム
……めん……」と、聞き取り難い程の小さな声を発した

優樹は少し眉を寄せ、背中を丸めて耳を白川に向けた

「えっ? なにっ?」「……、……ごめん……